<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

今日からこっちで

 皆様・・・以前利用しておりました、ドブログが操作不能となってしまいブログを楽しみにしていただいておりました皆様には大変ご迷惑をおかけしましたが、これから
f0060500_23274759.jpg
しばらくは、このexciteブログに乗り換えまして日常の情報などお伝えしてまいります。このブログは、甲賀森と水の会のブログですので今後、メンバーの川端建築計画の川端氏と農学博士定成政憲教授との共同でお送りしていきますので、より充実した内容でお届けできると思いますので今後ともよろしく御願いいたします。 宮内より
[PR]

by moritomizunokai | 2009-02-26 23:29  

福岡から視察に来られました。

2月20日、福岡県久留米市から水中乾燥の視察に8名が来られました。宮内さんと私で説明をさせていただきました。8名は福岡県建築士会の会員で伝統工法に取り組んでおられる設計者や工務店、大工さんです。この土日に京都で行われる全国作事組連絡協議会の設立総会に参加するために関西に来られたそうです。溜池と甲賀郡森林組合、白川製材所を見ていただき、最後に宮内建築作業場で水中乾燥材の実物にも触れていただきました。福岡の皆様、遠路お疲れ様でした。(川端建築計画 川端眞)
f0060500_11484558.jpg

[PR]

by moritomizunokai | 2009-02-22 11:51 | 雑感  

Eディフェンス試験体の損傷観察

雑事に追われて投稿が遅れてしまいました。去る2月7日と8日に、昨年末Eディフェンスで行われた伝統的構法の試験体の損傷観察が行われました。いろんな方の計らいで、私も観察員に加えていただけました。写真はA棟(関西型)の大黒です。大きな材料から切り出したようで、角部も赤身になっていました。目の粗さや四方差しといった悪条件とも相まって、無惨な折れ方をしていました。まだ柱が細い(梁が大きい)ということでしょうか。一方B棟のほうは損傷が穏やかで、全体にバランスよく力がかかっている印象でした。
f0060500_11365450.jpg

f0060500_11371347.jpg

当初、観察は二日間の予定でしたが、参加者の段取りが良かったせいで観察は一日で終わってしまいました。そこで二日目はEディフェンスで勉強会を開いていただきました。いろんな実験ビデオを見せていただいたり、質問に答えていただきました。設計法ができていく課程に立ち会えるだけでも一設計者にとっては滅多にないことだと思いますが、今回のプロジェクトでは実務者が主導的な立場で意見を出しており、もしかしたら実務で使えるすごい設計法ができるかもしれないと感じています。(川端建築計画 川端眞)
f0060500_11375636.jpg

[PR]

by moritomizunokai | 2009-02-22 11:39 | 雑感  

山梨での取り組み

唐突ですが、八ヶ岳の麓で水中乾燥の取り組みが始まっています。定成先生の指導のもと、NPO法人農学生命科学研究支援機構の支援を受けて、甲賀より立派な施設ができあがりつつあります。このNPO法人に関連した事業の打合せで、1月29日に私と宮内さんで小淵沢まで出かけてきました。現地で定成理事長とも合流し、つもった話に花が咲きました。
f0060500_17232510.jpg


溜池には松を入れる予定です。八ヶ岳このかの鈴木棟梁と松田さんの協力で実用を前提にした実験が動き出します。
f0060500_17264113.jpg


環境に配慮して、浄化槽も造られていました。底に炭を敷き詰めて流出する水を浄化します。もちろん水質の検査も行うとのことでした。(川端建築計画 川端眞)
f0060500_17302752.jpg

[PR]

by moritomizunokai | 2009-02-02 17:37 | 貯水池実験