カテゴリ:お知らせ( 44 )

 

皇三重ノ塔建設途中見学会

f0060500_13163274.jpg

「日本一のおかき処」で有名な播磨屋本店が豊の岡工場の敷地内に建立される皇(スメラギ)三重ノ塔の建設途中見学会を行います。兵庫県太子町に現存する室町後期の斑鳩寺三重塔をモデルにした皇三重ノ塔は平成24年から設計にとりかかり、26年春に着工、現在、二重まで組みあがりました。完成してしまうと内部は見学できませんので、是非この機会にご覧ください。皇三重ノ塔には日本で初めてのことがあります。文化財でない新築の塔は当然のことながら建築基準法を守らなければなりませんので、これまで建立された文化財でない塔には塔体が金属によって補強がされていると思います。文化財でも補強されているものがあるくらいです。しかしこの塔には、芯柱の相輪部分と4隅の柱脚にはめた割れ止めのタガ以外、金属の補強は一切なく、伝統構法そのものです。もちろん柱脚は石の上に乗っているだけの石場建てです。(川端建築計画 川端眞)
申し訳ありません。希望者多数の為、申し込みを締め切らせていただきます。(川端建築計画 川端眞)

[PR]

by moritomizunokai | 2016-01-13 13:27 | お知らせ  

琵琶湖の放射能汚染を危惧していますFROM鈴木有先生

鈴木有先生から標記のメールが届きました。西日本では何事もなかったかのように毎日が過ぎていきます。そして誰も何もいわないことをいいことに、統計的な優位性を立証させないための放射能汚染の拡散が企てられているのではと疑いたくなります。以下、鈴木先生のメールを転載します。

放射能汚染物質も混じる(重金属・有機化合物・アスベストなども含みます)、震災がれき広域処理の問題が、足下に迫って来ました。
近江は盆地で、しかも、琵琶湖を真ん中にして、どこも水系が繋がっていますから、県内のどこかで、焼却や埋め立てが行われると、汚染が堆積し、あるいは循環する危惧があり、お互いに一蓮托生、運命共同体です。
とりわけ、近江八幡市で、焼却灰の受け入れと、湖岸近くでの埋め立てが行われたら、事態は深刻になります。
--------------------
取り急ぎ、情報を集めて、ここに至る状況を整理し、自分自身の受け止め方を考えながら、現状を知ってもらい、行動につながるためのレポート、を作りました。
添付ファイルでお届けしますので、ご一読願えると、嬉しいです。
もちろん、それぞれのご判断によりますが、もし有用な情報とお考えいただけるようでしたら、お仲間の方々にも、お知らせ願えれば、幸甚に存じます。
f0060500_16211129.jpg
f0060500_16212317.jpg
f0060500_16213453.jpg
f0060500_16214390.jpg
f0060500_1621506.jpg
f0060500_16215896.jpg
f0060500_1622444.jpg
f0060500_16221173.jpg

[PR]

by moritomizunokai | 2012-04-19 16:38 | お知らせ  

構造見学会のお知らせです

まだ先のことですが、来る3月3日と4日に構造見学会をおこないます。
「以前の家がそこに存在したことを思い起こさせるような家」、そして「今後長年住み継ぐことができる家」をめざして計画した「記憶を継ぐ家」です。外観は以前の家を思い起こさせる正統な民家建築(ただし住み心地のよい二世帯住宅に)、構造は限界耐力計算により伝統的な石端建てとし、構造材はすべて甲賀産の水中乾燥材を使っています。
60坪の平屋建てを支える200個を超える礎石、その上に立つ8寸(24cm)角、長さ6.5mの大黒柱、末口の直径が40cm、長さ11mになる丸太の地棟・・・。宮内建築の手で刻まれ、5日間かけて組み上げられた迫力の構造を、ぜひ見に来てください。
家の脇では、解体されて一旦役目を終えた壁土が、地元の山の土を足して練り直され、もう一度塗られるのを待っています。
尚、以前の茅葺きの家は解体の際、ご協力いただいて、実大の引き倒し実験を行いました。伝統構法の解明に大いに役立つ結果が得られ、近々報告書が発行される予定です。(川端建築計画 川端眞)
f0060500_16462617.jpg

moritomizu@gaia.eonet.ne.jp にメールをいただければ案内をお送り致します。
[PR]

by moritomizunokai | 2012-02-12 16:50 | お知らせ  

NHKの取材を受けました。

地域産木材の先進的な活用事例として、水中乾燥の取材を受けました。実際に間伐をしているところや、放置されている暗い森の状況などとともに、水中乾燥の意義を宮内さんが大いに語ってくれました。放送は関西限定ですが、2月8日の午前7時45分からの「おはよう関西」です。(川端建築計画 川端眞)
f0060500_17464134.jpg
f0060500_17471371.jpg

[PR]

by moritomizunokai | 2010-02-01 17:49 | お知らせ  

ちょっとまってーな・・・

これ木連 第三回フォーラム「伝統構法はこれからどこへ向かうのか〜『伝統的木造住宅軸組構法住宅設計法』を考える」と題して、滋賀でフォーラムが開催されます。

http://kino-ie.net/kinoienews/?p=281

このフォーラムで伝統的構法がどうにかなるとは限りませんが、自由な発想で建築を造りたいと願っている人たちの活動のなかでは、最も論理的なアプローチをしていると思います。(川端)

大切なことを書き忘れていました。パネルディスカッションの第二部のパネラーとして、宮内さんが出演されます。頭の☆い▲◎な●◇に何を言ってくれるのか、今から楽しみでなりません。
[PR]

by moritomizunokai | 2009-08-19 09:22 | お知らせ  

貯木の状況について

1月19日の貯木の状況の写真です。田村神社のヒノキは1月14日に池から出したということです。白川製材所の土山社長に確認しました。
また、貯木後のスギ丸太の天乾状況の写真も示します。平成21年1月14日が天然乾燥の開始日です。(定成)
f0060500_9385248.jpg

Fig.1 田村神社のヒノキ丸太を出した後の状況
f0060500_939215.jpg

Fig.2 スギ・ヒノキ・アカマツの貯木状況(No.1)
f0060500_9391094.jpg

Fig.3 スギ・ヒノキ・アカマツの貯木状況(No.2)
f0060500_9391879.jpg

Fig.4 1月14日開始の天乾の井桁組の状況(白川製材所)
[PR]

by moritomizunokai | 2009-01-20 09:45 | お知らせ  

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。昨年は定成先生の転勤もあって、活動らしい活動が何もできませんでしたが、水中乾燥は今も進行中ですし、熱処理の詰めもしなければなりません。加えて、防火構造実験も行う方針が決まっています。少しでも前に進められるよう、今年も会員の皆さんの協力をお願いいたします。(川端)
[PR]

by moritomizunokai | 2009-01-02 16:29 | お知らせ  

スキンを変更しました。

ただ何となくですが、スキンを変更してみました。新年に向けて気分も新たにいろんなことを書き込んでもらえたらとの気持ちを込めて・・・。なお、リンクの掲載を希望される会員の方はお知らせください。サイドのリンク集欄に記載いたします。(川端)
[PR]

by moritomizunokai | 2008-12-21 15:37 | お知らせ  

情熱大陸に宮内さんが出演されます。

もう放送間近に迫りましたが、情熱大陸に宮内副代表が出演されます。
http://www.mbs.jp/jounetsu/
上のアドレスをクリックしてください。京町の家の映像もたっぷり放映されると思います。9日(日)夜11時からの放送ですので、お見逃しなく!!(川端)
[PR]

by moritomizunokai | 2008-11-07 23:17 | お知らせ  

森の資源研究発表会

来る11月1日にコラボしが21で森の資源研究発表会が行われます。甲賀・森と水の会も平成19年度に取り組んだ「水中処理、熱処理を含む乾燥システム」の発表を行います。参加していただける方はよろしくお願いいたします。(川端)
日時:11月1日(土)10:00~12:00
場所:コラボしが21(3階中会議室1)、大津市打出浜2-1
行事名:森の資源研究発表会
内容:平成19年度森の資源研究開発事業成果の発表
   1団体の持ち時間は「発表12分、質疑応答3分」
その他:駐車場には限りがありますので、公共交通機関の利用をお願いします。
[PR]

by moritomizunokai | 2008-10-11 13:43 | お知らせ