人気ブログランキング |

2009年 04月 01日 ( 3 )

 

丸太投入開始

3月31日、湖南市のNさんの丸太、約20立方メートルを池に投入しました。午前中に今まで浸かっていた丸太を引き揚げ、午後からトラック3台分を入れました。近々、さらに50立方メートル追加する予定です。(川端建築計画 川端眞)
f0060500_1674066.jpg
f0060500_1681558.jpg
f0060500_1684323.jpg

by moritomizunokai | 2009-04-01 16:07 | 貯水池実験  

KARTH京都フォーラム

3月29日、『京の街なかに、伝統を受けつぐ現代の町家を創る』と題して、関西木造住文化研究会(KARTH)フォーラムが開催されました。前半は宮内さんが「京町の家」の発表をされ、後半のシンポジウムでは鈴木有先生と宮内さんがパネラーとして発言されました。シンポジウムの中で、鈴木先生が京町家の耐震性についてズパッと切り込まれたのには感心しました。古いものはなんでもよいといったノスタルジーは捨てなければなりません。一方、木造の防火に対する研究は最先端といえると思います。「既存京町家の防火改修設計・施工マニュアル」を買ってしまいました。(川端建築計画 川端眞)
f0060500_15593042.jpg

by moritomizunokai | 2009-04-01 16:00 | 木造住宅のこと  

理事長現る2

3月27日、琵琶湖博物館で「資源が循環するこれからの住まいと暮らし」-これをテーマに博物館と何ができるか- と題して特別研究セミナーが開催されました。セミナーに先立ち、学芸員の中藤さんによる冨江家の説明もありました。東京におられるはずの理事長が来られました。なんだかんだと理由をつけて滋賀へ来られる理事長、やっぱり滋賀の居心地がよいのでしょうか。
f0060500_1515910.jpg

セミナーでは、木考塾の有志と鈴木有先生による話題提供と討論が行われ、協働へ向けてのスタートが切れたと感じました。
f0060500_15202945.jpg

f0060500_1520566.jpg

関係者の皆様、お疲れ様でした。いつか博物館に本物の木造住宅が展示できるまで、この調子で取り組みを進めていきましょう。(川端建築計画 川端眞)

by moritomizunokai | 2009-04-01 15:24 | 木造住宅のこと