人気ブログランキング |

2006年 04月 19日 ( 1 )

 

宮内建築作業場自然乾燥室建設中

作業場の空いてたスペースを利用して只今自然乾燥室を造っております。この部屋は水中乾燥した背割りしない柱、梁材を割れの少ない材に仕上げるための部屋です。まず、天然乾燥と自然乾燥の違いですが、天然乾燥は、太陽の日差しと雨、風を浴びせてやる乾燥方法で、自然乾燥はその反対で全く太陽の日差しと雨風を浴びせず部屋の湿度と室温を一定に保ちながらゆっくりと徐々に乾かして行く方法です。木の乾燥が含水率30%近くになってくると木の表面に少しずつ割れが出てきます。このときに風に当てると一気に木の表面が乾いて割れが進みます。天然乾燥の場合この割れを防ぐために材の一面にあらかじめノコギリで割を入れます。これがいわゆる背割り材です。柱や梁に背割れを入れずに割れの少ない、本来の木の良さを引き出すためにあえて日差しや、風に当てない方法を採りました。この部屋のシステムがうまく行けばきっと私の理想の木材ができると思います。水中乾燥アンド自然乾燥の進行状況を随時報告していきます。この部屋に興味の有る方は是非見に来てください。
初めての登場でした宮内です。宮内建築作業場自然乾燥室建設中_f0060500_23264433.jpg

by moritomizunokai | 2006-04-19 23:28 | お知らせ