ヘリテージマネージャーって何?

3月1日の毎日新聞に「ヘリテージマネージャーって何?」という記事が掲載されました。有名な文化財はしっかり保護されていますが、名もなき歴史的建造物はその価値とは関係なく解体されてしまうことがよくあります。それらの保護を担うのがヘリテージマネージャーの役割です。滋賀県でも建築士会が育成講座を始めて、これまで92名のヘリマネが誕生しています。耐震診断や補強計画をする際、構造的な視点だけで行うと建物の価値を下げてしまいかねませんし、そのような残念な補強は文化財でもよく見られます。建物にとってどうするのかを総合的に判断できるプロフェッショナルとしての資格として、ヘリマネが認知されると良いなあと思います。(川端建築計画 川端眞)
f0060500_11110881.jpg

[PR]

by moritomizunokai | 2018-03-06 11:33 | 木造住宅のこと  

熊本地震の調査報告 >>