挟み梁構法実験開始

今日から新たに挟み梁構法の実験を開始しました。今回はヒノキの100ミリ角で構成します。今日はまず仕口の回転剛性を計測しました。いろいろと改良した部分があるためだと思いますが、スギの120ミリ角よりも剛性が高そうです。
f0060500_1951443.jpg

普通に15分の1まで変形させても何の変化もありませんので、とりあえず5分の1まで押してみました。少しめり込みがありますが、少し直せばまだまだ使えそうです。
f0060500_19511898.jpg

この仕口が破壊するところが見たくなったので、最後の3体目は試験機の性能いっぱいまで変形させてみました。変形角2.7分の1(21°)です。さすがに柱には軽微なせん断割れが見られましたが、剛性は上昇し続けていました。一見お遊びみたいですが、貫構法と同じような、安心感の高い構法です。(川端建築計画 川端眞)
f0060500_19512857.jpg

[PR]

by moritomizunokai | 2009-11-11 20:05 | カレッジ実験  

<< さよなら万能試験機 最後の地域建築学 >>